英語も技術と手段の一つ

能力が一つ」あればその分選択肢は広がる
私が英語講師になったのは、英語が出来たからです。
元々リーダーとしての素質はありましたし、会社員は向いていないという事もよく分かっていました。
大学生の時に就職活動をする時も講師1本でいきました。
学校の先生になるという選択肢は私の中ではありませんでした。
学校は私にとって居心地の良い場所ではありませんでした。
元々教わる事や誰かの下に着くことが向いてないお」のでしょう。
幸い、先生方には恵まれてて、指導の面で理不尽な思いはしなかったのですが、なかなかやる気にはなれませんでした。
たまたま英語は小学生から高校まで習っていたので、仕事として使えるようになったのです。
私は英語という技術に助けられました。
技術は身を助けます。
英語は今の時代必須ではありますが、ちゃんと英語の構造を理解すれば誰でも話せるようになります。
人が話す言葉なので、人が話しやすいようになっています。ただ、日本語と文章の組み立て方が違うから難しく感じるだけです。
そういう日本語との違いを最初に理解しているだけでもかなり理解力が変わります。
小6から上の生徒にはその基本的な文の作り方も伝えています。
英語を身につけるのがゴールではなく、その技術をどう活かすか、英語はあくまで手段でしかありません。
もし、あなたの目標を達成する上で、英語が手段として必要ならば私はとことんお伝えします。
近いから、安いからではなく、ちゃんと身につくレッスンをしてくれる講師を選んでください。
私はその講師のうちの一人という自負と責任を持っています。
気になる方は、体験レッスンも用意しています。ぜひ活用ください。
注意
ECCでは無料体験レッスンをしていますが、これは、イベントやワークショップ、ボランティアではなく、あくまでレギュラーレッスンに参加してもらう為の営業レッスンです
なので、終わったらレギュラーレッスンの説明をするし、資料には入学申し込み書も添えています
理解の程お願いします

お問い合わせはお問い合わせフォームまでお願いします。

ECC川添教室

ECC川添教室のHPです。 レッスンやイベント情報を載せていきます 無料体験レッスン、教室見学随時受付中。 Line@trl5536vまで

0コメント

  • 1000 / 1000